オオサンショウウオについて

 

★どんな生き物?(分類)

 

標準和名  オオサンショウウオ (大山椒魚)

地方名   ハンザキ、ハンザケ、アンコ、ハザコ、ハジカミなど

学名    Andrias japonicus

分類    脊椎動物門 (背骨のある動物です) 
      両生綱(カエルやサンショウウオの仲間です) 
      サンショウウオ目(有尾類ともいいます)
      オオサンショウウオ科(現在は世界に3種1亜種が知られています。)

大きさ   世界最大の両生類で、全長150㎝になります。
      (現在の最大記録は、全長では150.5㎝。体重では44.3㎏の標本があります。)

体の特徴  頭は扁平、ずん胴で肢(あし)は短い。目は非常に小さく、口は大きく、細い歯があります。
      体表には突起があり、ヌメヌメしていて、茶褐色地に黒い斑紋があります。
      体の側面には皮膚のヒダがあります。

 

 

 

 

・ずん胴で、四肢は短い
・頭が大きい
・茶褐色地に黒い斑紋

 

 

 

 

 

 

 

・眼は小さい
・頭は扁平
・前肢は指が4本、後ろ肢には5本