第1回 広島・島根(安佐・瑞穂)大会

 

日時   2004年9月24~25日場所   広島市安佐動物公園、瑞穂ハンザケ自然館参加者  約60名

 

 第1回で予想を上回る参加者数となりました。事務局の置かれた安佐動物公園内で活動報告、施設見学を行い、情報交換会を開催。翌日、同園のフィールド志路原地区にて、人工巣穴等を観察。実際に河川内に入り、観察する参加者が多数見られた。その後、島根県の瑞穂ハンザケ自然館にて施設見学。さらに、現地の水明ハンザケ水路、上田所ハンザケ観察舎、堂所川ハンザケ観察園路を見学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真1志路原地区の看板。地元ぐるみで保護がおこなわれており、    

地元住民の保全意識は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真2 参加者も河川内に入り、熱心にフィールドを観察する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真3 堂々と日中の観察中に現れたオオサンショウウ
                                              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真4 瑞穂ハンザケ自然館のロビー。

体験型の施設でオオサンショウウオに関することが遊び心を持って学べる。

参加者も大いに関心をそそられていた。

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真5 安佐動物公園の繁殖施設見学。マスコミ取材もあった。
唯一の飼育下繁殖施設。